抗がん剤治療の目的

抗がん剤治療の3つの働きとは

がん細胞は大きさや出来る場所によって治療の方法が変わってきます。比較的除去しやすい場所に出来たがんであれば手術で取り除くことが出来ますが、神経が複数存在している場所や深くに根づいているがんは手術で対応することが出来ないケースが多いです。その場合、術前化学療法と呼ばれる治療でがん細胞を小さくして取り除くなったがん細胞を手術で摘出します。特に乳がんに関しては術前化学療法を行なうことで切除する箇所を最小限に抑えることができ、美容性の高い方法として乳がん患者に好まれています。

術後化学療法のメリットの説明

化学療法の一つである術後化学療法では手術などで摘出したがん細胞が再び増加したり、再発をしないようにするために行われている治療になります。この治療ではがんの再発率と再発による死亡率を下げることができ、複数の抗がん剤を使用して効果を高めています。CMF治療と呼ばれるがん治療では再発の軽減率として24パーセントの維持しており、CEF治療であれば36パーセントまで割合を高めることが出来ます。使用する抗がん剤は患者の体質に合わせながら行ないます。必ずしもこのパーセンテージになる訳ではないので注意しましょう。

遠隔転移に効果的な抗がん剤治療

がんの種類によっては全く違う臓器に転移したりするケースがあります。この場合に有効的なのは遠隔転移の化学療法になり、出来た場所のがんに効果のある抗がん剤を使用します。例えば乳がんから肺、骨などに転移した場合は肺や骨に出来たがんとして扱うのではなく、肺転移、骨転移した乳がんの一種として治療が行われるのです。これらの転移がんでは使用される抗がん剤によって症状の緩和がされ生活の質の向上、QOLの改善といったものが得られます。がんに対する抗がん剤は多岐に渡って患者を救っているのです。

広告募集中